« トリニダードの意識高い系 | トップページ | いつものお楽しみ+特命トリニ特派員 »

2017年3月10日 (金)

トリニ初でもほかの国ではふつーなアレ

トリニダードは大阪よりちょっと大きいけれど、人口も少ないし、人口密度も低いんです。

大阪府:    880万人/人口密度4,640人/km²
トリニダードトバゴ:    133万人/人口密度214人/km2

なので、他の国では当たり前にあることが今までなかった、

その代表的なひとつがスターバックスです。

その代わりにリチュアルズっていうコーヒー屋さんが、おんなじような配色でがんばってたんですが、

トリニ初でもほかの国ではふつーなアレ

ついに、トニリダードにもスターバックスができたんです。

最初はウソーんって思ったけど、新聞にも載ってたのでエイプリルフールじゃないってわかった(笑)

なんで新聞にまで載ってたか、、、オープン当初は富裕層狙いでコーヒー1杯40TT(日本円で700円くらい)してたそうなのです。

でも、じっさい行ってみると値段も客層も、おまけに内装も(もちろん)、ふつーのスタバでした。

ふつーだけれど、リチュアルズの接客がトリニダード標準(つまり無愛想ってこと…)に対し、

トリニのスタバはスタバ標準で、

なんか居心地いいなーってかんじでした。

ふだんからいいサービスを受けてる純日本人のわたしは、トリニのサービスの悪さにめげるんです、ほんまに。

なので、トリニにスタバがあるって価値があるーーーーーーーーーーーー!!!!って思いました。

もひとつ、↓こういう移動遊園地も他の国だとふつーだけど、屋内プールも見かけないトリニダードでは珍しい。

夜、遊びに行ったら楽しそう…だけど、夜、営業してたのかな?

この遊園地はオープン後にラジオでさんざんコマーシャルを流していました。

その頃にはパノラマの練習が忙しくて行けませんでしたが、来年もあったら行ってみようかな…


|

« トリニダードの意識高い系 | トップページ | いつものお楽しみ+特命トリニ特派員 »

旅行・地域」カテゴリの記事